組織・沿革

沿革

旭川食糧㈱は昭和48年8月15日、資本金6000万円を以って設立した。

当社は昭和48年10月1日旭川米穀株式会社の事業及び資産負債の譲渡契約により、業務を継承し、昭和49年4月20日旭川米穀株式会社(設立昭和30年2月1日)を合併し今日に至る。

創業以来蓄積されたノウハウを、「安全・安心」の製品提供に生かして、お客様の信頼と更なる品質の向上に努めている。


創業時の社屋

昭和45年 新社屋建設

昭和45年 新富町給油所を開設
1942年
昭和17年
食糧管理法が施行
北海道食糧営団上川支部として設立
1948年
昭和23年
全国各地方食糧営団の廃止に伴い食糧配給公団上川事務所を設立し、営団の業務を継承
1951年
昭和26年
食糧配給公団の民営化に伴い上川地方食糧協同組合を設立し、主要食糧卸売販売業者として登録を受け卸売業務を開始
1955年
昭和30年
2月1日、株式会社へ組織変更し資本金24,000千円で旭川米穀株式会社を設立
代表取締役社長 高桑勘作就任
旭川糧営株式会社を吸収合併、資本金30,000千円に増資
1962年
昭和37年
運送部門子会社として旭川糧運株式会社を設立
1964年
昭和39年
政府指定食糧保管倉庫業許可
旭川倉庫株式会社を吸収合併
資本金39,000千円に増資
資本金60,000千円に増資
1965年
昭和40年
旭川精米株式会社を吸収合併
代表取締役社長 齋藤 正就任
1969年
昭和44年
自主流通米(現民間流通米)制度の開始
1970年
昭和45年
本社社屋を現在地に新築
共同石油株式会社特約店として現在地に新富町給油所を開設
1973年
昭和48年
8月15日、旭川米穀株式会社の事業及び資産負債の譲渡契約により業務を継承し旭川食糧株式会社を設立
代表取締役社長 石田新蔵就任
名寄支店を名寄市大通南5丁目に開設
富良野支店を富良野市本町9号に開設
1974年
昭和49年
4月20日、旭川米穀株式会社を吸収合併
代表取締役社長 吉田 昇就任
1980年
昭和55年
代表取締役社長 木村俊勝就任
1982年
昭和57年
富良野支店を富良野市本町12番30号に移転
代表取締役社長 尾崎行智就任
1983年
昭和58年
全糧連(現全米販)系卸ブランド【水晶米】使用開始
おこめ券の販売を開始
1988年
昭和63年
富良野支店を富良野市弥生町6番23号に移転
業務拡張のため札幌支店を札幌市東区苗穂町2丁目3番30号に開設
1989年
平成元年
札幌支店を現在地に新築移転
1990年
平成 2年
名寄支店を名寄市字大橋58番26に移転
1992年
平成 4年
弊社白米ブランド【美味献上】を商標登録
1993年
平成 5年
㈱ジャパンエナジーブランド【JOMO】使用開始
1994年
平成 6年
新富町給油所を新築
1995年
平成 7年
食糧管理法が廃止され、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(通称:食糧法)施行
1996年
平成 8年
許可制から登録制への販売業者制度変更により卸売販売業者登録
1999年
平成11年
小売販売業者登録
2000年
平成12年
代表取締役会長 尾崎行智就任
代表取締役社長 齋藤幸夫就任
2001年
平成13年
㈱サタケ製無洗米装置(NTWP)導入販売開始
2002年
平成14年
富良野支店を閉鎖
2004年
平成16年
主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律等の一部を改正する法律(通称:新食糧法)施行
2005年
平成17年
米穀卸売業販売管理システムver.3(通称:ORYZA)導入
生産者の顔が見えるお米【東川産私が育てたほしのゆめ】販売開始
2006年
平成18年
代表取締役社長 佐々木徹雄就任
生産者の顔が見えるお米【東川産私が育てたななつぼし】販売開始
2007年
平成19年
名寄支店を閉鎖
2010年
平成22年
JX日鉱日石エネルギー㈱発足により【ENEOS】ブランドへ変更
2011年
平成23年
生産者の顔が見えるお米【東川産私が育てたゆめぴりか】を本州向けに販売開始
2013年
平成25年
米穀卸売業販売管理システムver.10(通称:ORYZA)導入
2015年
平成27年
オンラインショップ運営開始
2016年
平成28年
Yahoo!!ショッピングに出店
2017年
平成29年
Amazonに出店
PAGE TOP